遺品整理の業者はまず見積もりや相談をするために訪問してくれます。そのときに遺品整理の要望や状況の確認をして意思統一を図ります。

遺品整理の流れと利用するシーン

遺品整理を急にするようになっても、簡単にできることではありません。

慣れているような作業ではありません。

自分の力でできないならば、遺品整理士など専門の業者に依頼することになります。

※遺品整理士について・・・終活ブームで登場した新資格「遺品整理士」とは? - ライブドアニュース

今回は【遺品整理の流れと利用するシーン】について迫ります。

〇遺品整理の流れ

遺品整理士の資格を持った業者に依頼をする場合に、まずは電話やメールで信頼できそうな業者にコンタクトをとります。

業者は見積もりや相談をするために訪問してくれます。

そのときに遺品整理の要望や状況の確認をして意思統一を図ります。

複数の業者に相見積もりをしてもらい、納得すれば業者を決定して契約をします。

遺品整理業者に訪問してもらう日にちと時間を決定します。

当日はお金や契約書などの貴重品がでるでしょう。

遺族のどなたかが立ち会うようにしましょう。

作業が終了して問題なければ見積もりしていただいた金額を支払います。

業者によっては供養・特殊清掃などをしてくれる遺品整理業者もあります。

〇遺品整理業者を利用するシーン

親族と時間が合わないので形見分けの時間が取れないこともあるでしょう。

故人が住んでいた住居が賃貸の一軒家やマンション・アパートだった場合には、部屋を明け渡すまでに遺品整理をしなければなりません。

急ぎの場合は遺品整理業者を利用することになります。

また物が多すぎて何をどうすればわからないときや、遺品が多すぎる場合。

仕事があって自分ひとりしか遺品整理ができないならば専門業者に依頼することになるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加