遺品整理とは亡くなった人が残したものを遺族が代わって整理することですが、実際におこなうときは迷っている時間が無い事も…。

遺族がおこなう遺品整理について

遺品整理は大切なことですが、頻繁に経験することではありません。

ですが、イザとなれば故人を偲びながらしなければなりません。

今回は【遺品整理とは何か?】についてご紹介します。

〇遺品整理の定義

亡くなった人が残したものを遺族が代わって整理することですが、実際に作業をするのは身内や親しい人が死亡したときです。

そんなときは迷っている時間もありませんからスムーズに進める必要があります。

〇遺品整理にはどんなものがあるの?

主になるのは、故人の部屋に残されている見回り品でしょう。

掃除機・冷蔵庫・洗濯機などの家電。

ソファー・テーブル・本棚などの家具。

食器類や書籍類。

日記・写真・洋服・貴金属……たくさんの品々があります。

〇業者に依頼することが普通になってきている

昭和の頃までは、「形見分け」の風習がありました。

故人で遺品を分けるのです。

今は大家族で生活することは少ないです。

核家族・離婚の増加・共働き……家族が遺品整理をすることが難しくなっています。

高齢者の一人暮らしも多いですし、都会では近隣のコミュニケーションも少ないのです。

孤独死・突然死は大きな社会問題になっています。

遺族が近くに住んでいればできるでしょうが、物理的に距離が遠いところにお住まいならば、遺品整理ネクストのような専門業者に依頼して、一般廃棄物と遺品を仕分けしてもらう必要があるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加